Date Based Managementとは

日々の経営を行っていく上で、このような悩みを経験したことはないでしょうか?

issues

Data Based Managementとは、日々の経営判断、事業判断をデータ(ファクト)に基づき行っていく、経営手法の一つです。勿論、データだけに頼る訳ではなく、外部環境や事業特性など定性的な知見・情報を踏まえ、データをより有効に活用するという考えです。

Data Based Managementは、IRMJサイクルを回していきます。

  • Issue: 解決すべき課題(ゴール)を明確に設定します。
  • Research: 課題解決につなげるために必要となるデータを収集し、分析からFindings(発見)とInsights(洞察)を抽出します。
  • Modeling: 正しい経営判断を行うために、データのモデル化(仕組み化)を行います。
  • Judge: データからの示唆を踏まえて、経営判断を行います。

IRMJcycle2

Data Based Managementを実際に行う上で、経営判断の精度は間違いなく上がります。それはデータの活用により、筋の悪い選択肢を排除し、より確からしい道筋を導き出してくれるからです。「所詮データから分かることなんて、限られている」という思い込みは、大きな間違いなのです。