Data Based Management の時代へ

インターネットが普及し、デジタルの時代となった今、企業が有するデータのボリュームは指数関数的に増加しました。今や多くの企業が、非常に多くのデータ(ビックデータ)を蓄積している一方で、非常に限られた活用しかできていないというのが実態だと思います。

それは、何故か? 一番の理由は、データを経営に活かすことの本質的なインパクトを経営者が理解していないからです。今まで多くの経営者と議論を重ねてきましたが、データの大切さやその取扱いについて正しい理解を持っている方は本当に少ないというのが実感です。

データを経営に活かすことの本質は、「経営判断の精度を高める」ことです。経営センスが抜群に良い経営者はデータに頼る必要はありません。しかし、ほとんどの経営者は抜群に経営センスが良いということはなく、勘や経験に頼って判断し、ミスをするのです。

私たちは、データ活用を経営の基軸の一つとすることを、Data Based Management(データベースとマネジメント)と呼んでいます。Data Based Managementを行うことで、ファクトベースで物事が判断され、事業運営/組織運営の精度が上がり、企業の成長は加速するのです。

Date Based Managementとは

日々の経営を行っていく上で、このような悩みを経験したことはないでしょうか?

issues

Data Based Managementとは、日々の経営判断、事業判断をデータ(ファクト)に基づき行っていく、経営手法の一つです。勿論、データだけに頼る訳ではなく、外部環境や事業特性など定性的な知見・情報を踏まえ、データをより有効に活用するという考えです。

Data Based Managementは、IRMJサイクルを回していきます。

  • Issue: 解決すべき課題(ゴール)を明確に設定します。
  • Research: 課題解決につなげるために必要となるデータを収集し、分析からFindings(発見)とInsights(洞察)を抽出します。
  • Modeling: 正しい経営判断を行うために、データのモデル化(仕組み化)を行います。
  • Judge: データからの示唆を踏まえて、経営判断を行います。

IRMJcycle2

Data Based Managementを実際に行う上で、経営判断の精度は間違いなく上がります。それはデータの活用により、筋の悪い選択肢を排除し、より確からしい道筋を導き出してくれるからです。「所詮データから分かることなんて、限られている」という思い込みは、大きな間違いなのです。

Solutions

~JSPが提供可能なソリューション~

OPC (Optimal Pricing Consulting)

  • コストの増加、収益性改善の必要性から、自社商品・サービスの価格改定を検討することは、よくあることです。しかし、多くの企業では、価格の改定幅の判断は感覚的に行われることが多く、定量的な根拠に基づき総合的な判断がなされている企業は稀有と言えます。
  • OPC (Optimal Pricing Consulting)は、自社商品・サービスの収益最大化につながる最適価格を設定するためのBtoC企業向けのコンサルティングサービスです。いわゆる価格感度調査として、PSM分析/PS-ABテストを行い、需要の価格弾力性を推定します。その上で、収益シミュレーションモデルを構築し、最適と考えられるPricing(価格設定)を検討・決定します。

HICE (Happy Index of Customer & Employee)

  • 売上高、営業利益、ROEなどの経営管理指標は過去の成果を数値化したものであり、将来の成功を約束するものではありません。よって、このような伝統的指標にのみ頼った経営では、将来起こりうる変化の予兆を見逃す可能性があります。
  • しかし、HICE(Happy Index of Customer and Employee)を経営管理指標として加えることで、長期的にかつ安定的な事業の成長を占う先行指標として活用することができ、企業の持続的競争優位性を生み出すことに効果を発揮します。

Features

~JSPの特徴~

1. コンサルティング×マネジメント

JSPのコンサルタントは、経営コンサルティングの経験だけではなく、事業会社でのマネジメント経験も有します。事業会社でのマネジメント経験があるため、理論的に正しいことだけを実行できるわけではないという企業経営の難しさ・ジレンマを理解しています。よって、クライアント企業の実態を理解することに努め、ロジックとして正しい解決策だけを提案することに固執せず、クライアント企業の実情・実力・風土を踏まえた上での提案を行います。

2. データ×統計学

JSPのコンサルティングは、原則として「データ」を取り扱います。データはそれ自体に価値はなく、どのように「解釈」するかが、ある意味で全てです。正しい解釈をするためには、統計学に対する深い理解が必要です。JSPのコンサルタントは、豊富なリサーチ経験を有するだけでなく、クロス集計分析・相関分析・因果推論・偏差(ばらつき)分析・多変量解析など、統計理論に基づく正しいデータ分析を行うだけの知識とスキルを有しています。そして、分析結果からどのように解釈すべきかを、”insights”(事業に活かせる本質的な洞察・示唆)として抽出します。

3. プロフェッショナル×コミットメント

経営コンサルタントである以上、プロフェッショナルであることは当たり前です。ここで言うプロフェッショナルの定義とは、「期待以上の品質のサービスを、定められた期間で提供する職業専門家」のことです。JSPのコンサルタントは、プロフェッショナルであることは勿論のこと、クライアントとのプロジェクトに最大限のコミットメント(成果創出に向けた強い関与)を行います。私たちは、クライアント企業の本質的な事業価値向上につなげるため、心血注ぎ、取り組むことを約束します。


Data Based ManagementやJSPの提供サービスに対するご興味・ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せは、こちらから。